ある雨の日の朝

急性腸炎

Posted in:

トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる効果が一際有名だと思いますが、この他に美肌作用や、血清コレステロールの産生を抑制したりするということが言われています。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌感染が原因の場合は壮絶な腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38度以上の高い発熱が通例です。

暴飲暴食、太り過ぎ、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢など多様な因子が絡むと、インスリンの分泌量が低下したり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。

骨折してかなり出血した際は、急に血圧が下がって目眩や冷や汗、吐き気、座っていても起こる意識消失などの色々な脳貧血の症状が出現することがあります。

5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を調節したり痛みの鎮圧、色々な覚醒現象などを司っていて、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している方ではその働きが鈍いことが分かっているのだ。

Comments are closed